アコースティックギタリスト 渡辺良介 Official Website
真夏にはジャック・ジョンソンのハワイアンサウンドを。(一部tab譜あり)

真夏にはジャック・ジョンソンのハワイアンサウンドを。(一部tab譜あり)

暑い…

こういう真夏の暑い日には清涼感のある爽やかな曲が流行りますが、そんな中で聴きたくなる大好きなアーティスト、ジャック・ジョンソンについて書いていきます。



ハワイが生んだ天才Jack Johnson

wikipediaより

1975年、ハワイに生まれたミュージシャンです。

もともと生粋の音楽家ではなく、元プロサーファーという経歴を持ちます。
その後怪我から創作分野へと進み、そこから音楽家としてのキャリアをスタートさせました。

サーフィンは彼のライフスタイルにおいて大きな要素となっており、東京オリンピックでサーフィンが正式競技になった際にもコメントを残しています。
ローリング・ストーン誌でのインタビュー…別ページに飛びます

そういった要素をバックに持っていることもあり、彼が作り出す音世界は「くつろいだ自然な空気感」ということに関して一つの理想だと感じています。

アコースティックというと、よく「カフェで落ち着く~」とか「海辺をドライブ~」とか言われてるじゃないですか。
この人はその境地です。

何よりもまずリズム感が良いですね。注意して聴かなくても自然に身体が揺られるような心地好さ。
昔の師匠である荒谷みつる先生が「生活に根ざしたリズム感」と評していましたが、まさにその通りだと思います。

[the_ad_placement id=”%e6%89%8b%e5%8b%95″]

人気俳優とコミカルなやりとりのPV『Taylor』

個別の楽曲では2ndアルバムに入っている『Taylor』が好きです。

サムネイルの人は『メリーに首ったけ』や『ナイト・ミュージアム』等で知られる俳優/映画監督のベン・スティラー。

数々のコメディ作品で活躍するベンの陽気さと楽曲がとても合います。
ジャックも最初は若干呆気に取られていますが、どんどんその明るさに引き込まれて距離が近づいていくのが楽しいPVです。

この曲のイントロが弾いても聴いてもすごく気持ちいい。
ざっとtabに起こしてみました。

おすすめアルバム『 In Between Dreams 』で至福の休日を。

アルバムでは、3rdアルバム『In Between Dreams』が大好き。もう最高。

1曲目『Better Together』のイントロだけで全身が心地よく揺られます。
その上に余裕のある歌声と、カラリと乾いたギターサウンドが乗る。

このイントロ、簡単に弾けて凄く気持ちいいです。
こっちもtab譜書き起こしてみました。

この曲に始まり、心地よい世界が続きます。
エレキギターも使いますが、どこかくつろぎを感じさせる味わい深いサウンド。気張った感じがありません。

個人的には最後の『Constellations(星座)』に辿り着いた満足感がたまらない。
丸一日とにかく遊んで、楽しみつくした後に残る静けさのような…

太陽も殆ど沈んだ後の、赤紫色の夕焼けと海が見えるようです。

Amazon Prime Music では、「In Between Dreams」をはじめとする5枚のアルバムを聴けます。
プライム会員で彼の音楽をご存じでない方は、ぜひ聴いてみてください!

Amazon Prime Musicのジャック・ジョンソンのページはコチラ

全身で脱力して聴きましょう。

[the_ad_placement id=”%e6%89%8b%e5%8b%95″]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です