アコースティックギタリスト 渡辺良介 Official Website
師匠宅でギター弾き倒し

師匠宅でギター弾き倒し

昔の師匠、伊藤賢一さんの自宅にお邪魔してきました。

この方、お会いする度に新しいギターを手にされている気がします。
以前もマーチン、アルカンヘル、星野良充と並んでいたような気がしますが…もうありませんでした。回転が速い…



弾き倒し!

大屋建(メインギター①)

手にされてから10年程経ったメインギター。
国内外製作家は数多くいらっしゃいますが、ギター云々以前に「ものを作る」という事に関しての完成度が素晴らしいです。溜息が出ます。

ハウザーⅡ世(メインギター②)

学生時代に一瞬だけ鳴らして度肝を抜かれたハウザーの感覚。また味わってきました。

栗山大輔ハウザーモデル

ハウザー的な立体感を感じつつもあっさりとした心地よさ…
最近あまり国産の楽器でビビッとくるものに出会えませんでしたが、この家にやって来る楽器ですから(?)、どれも素晴らしいです。

中野潤ブーシェモデル

これはヤバいです。
ちょっと経験したことの無い透明感。深く揺らぎつつ甘く軽やかに輝く。絶品です。
出来上がったばかりでこれだというのですから恐ろしい。また弾きたい。本家ブーシェも一生に一回でいいから弾きたい。

[the_ad_placement id=”%e6%89%8b%e5%8b%95″]

ギブソン

確か50年代?
剥げ・塗装割れ・抉れと見た目はボロボロですが、高音弦に洗練された瑞瑞しさがあります。
どういう化学反応でこうなるのか検討もつきませんが、こうした音が生まれることがギブソンというブランドが愛される理由の一つなのでしょう。

M・J・フランクス

エネルギー量の大きい楽器です。身体にドスドス来ました。

音楽談義も交えて、楽しい限りの一夜でした。伊藤先生ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です