アコースティックギタリスト 渡辺良介 Official Website
ギターケースについて。苦い経験とおすすめケース

ギターケースについて。苦い経験とおすすめケース

こんにちは。
三日坊主を越えて4日目に入れました。とりあえず、続けられたことが嬉しいです。
今回はギターケースについて書いていきます。



純正ハードケースの苦悩と恐怖と悲劇

amazonより引用

ギターを買うと、大体こんな感じのハードケースが付属します。
値段がそれなりの楽器だと、金属製のプレートにギターメーカーのロゴが刻印されていたりします。高級感がありますね。

大切な楽器を守る鎧です。とても頑丈…ですが、僕の扱い方が悪いのでしょうか、こうしたハードケースに良い印象を持ったことがありません。

①重い
何よりもこれ。「ああ重かった~!」で終わればまだ良いのですが、移動の時点で腕が疲れてプルプルしてしまい演奏に影響が出る、なんてことが本当にあります。
でもまあ、外に持ち運ばない分には重くたってトラブルは無いだろう!と思っていた頃もありました…

amazonより引用

この紐の部分。蓋の重みに耐えられなくなって2,3ヶ月で切れました。2台も。ギャグかと。

②背負えない
駅の改札口を通るのも一苦労です。
普通のハードケースを背負えるようにするためのアタッチメントもありますが、結論から言うとこれは「更に辛いもの」でした。開閉の手順が増える、これ自体大きくて邪魔、果てはベルトが勝手に滑って道端でギターが落ちそうになる…そのうちギターか人に事故を起こしてしまうと思い、やめました。

③危ない
良いハードケースは確かに格好良いんです。高級感あって。
ケースを留める留め金にも重量感がありますよね。鋭くて。

鋭くて。刺さりそうですよね

さ く っ

木目に沿って綺麗に刺さりました。グッバイ2万円。

ギターと同じように、ギターケースにもこだわりと個性を

似たような武骨な黒いケースが何本も並んでいると、区別しづらいです。
もっと言うと、楽器と同じように、ケースにもその人の個性が出ればいいのになと思います。
そして、気に入ったケースにギターを入れて出かけるのは楽しいです。靴みたいなものです。

ということで…
ケースを選びましょう!

僕が今まで持ったことのある、人におすすめしたいケースについてです。

Grand OplyAranjuez。丈夫で外見もよし

ハードケースの堅牢さに軽さを付加したものが、このグランドオープリーとアランフェスケース。グラスファイバー製です。
ざっくり区分するとオープリーがアコギ(DorOMサイズ)、アランフェスがクラギ、ウクレレ用。写真はオープリーのDサイズ。

メリット

  • ルックス。エンボス加工なども含めたデザインバリエーションが豊富です。表面にステッカーを貼りたい人にも良いですね。
  • 耐衝撃性。表面がガッチリしてますので、耐久性を第一に考える人にも〇。

デメリット

  • 収納スペース。ネック裏部分にポケットがある程度なので、楽譜など大きな物は入りません。
  • 開閉が少し煩雑。爪が6か所にあるので、ときどき開け閉め忘れが…

最大のメリットはルックスですが、
Webサイトで見るよりも、取り扱っている店頭でカラーサンプルを手に取ってみることをおすすめします


ドルフィンギターズのブログより引用

たまりません。実際の手触りや質感を確かめられるのと同時に、単純にこういうカットサンプルが好きです。

スーパーライトケース。クラシックギターのド定番

軽量・且つ高機能な、クラシックギターにおいては定番のケースです。
アルトギター、バスギターといったサイズ違いのラインナップも有り。

メリット

  • 安定性。ソフトケース調の外観ですが、造りはしっかりしています。床置き様に接地面に金属が付いていることも安心ですね。
  • 軽い。2kgちょっと。アランフェスは3kgほどあるので、より手軽に運べます。
  • ポケットが大きい。スケッチブックぐらいは余裕で入りますし、ジッパーが縦横にわたって開くので出し入れが楽です。

デメリット

あまり思い当りません。
オープリーと比べるとカラーバリエーションは少ないですが、どれも良い発色してると思います。

Nazcaケース。驚異的な軽さと自由度

僕が一番使っているのはナスカケースです。アコギやエレキで主に評価されていますが、クラギにも使えます。ポケットにはナスカの地上絵が。

メリット

  • スーパーライトケースよりも更に軽い。 楽譜等を何も入れないで背負って家を出ると、「ギター入れたっけ?」と家の鍵やガスの元栓みたいな感覚を覚えることがあります。それくらい軽いです。
  • クッション性。表面はソフトですが、中の生地に厚みがあるので、倒れた時の楽器に対するダメージはイメージよりも少ないのではないでしょうか。
  • ポケットが2つ。ヘッド部分にもあるので、より多くのものが入ります。
  • 自由度。 デザインとサイズの両方で、とにかく幅が広いです。 基準となるサイズが豊富なことに加え、長さやボディ厚の微調整も可能。2本入れるダブルケースや、1から型紙を作ってのフルオーダーも朝飯前です。

Nazcaブランドは、ケーブルやエフェクターにも展開されています。全て揃えたらものすごい優越感に浸れそうです。

デメリット

  • 耐圧性。 単発の衝撃には耐えられるものの、上に物を置く等の持続的に力がかかる場面には弱いです。満員電車は避けた方が無難。
  • やや場所を取る。 厚みがある分、オープリーやスーパーライトケースの方がコンパクトです。



ギターケースで音楽生活を少し楽しくできると思う

ここまで、ギターケースについて書いてきました。どれも長所があり、どれを選んでも一定の満足感は得られると思います。

今回紹介したケースはいずれも2~3万円程度です。
もっと上の価格帯だと、更に高い機能性や意匠性を備えたものも出てきますが、さすがにケースにそこまでは…という方も、今までと違うケースを一度試してみると、新たな発見があるかもしれません。

物を運んだり保管する方法の改善って、人間が満足感を覚えるポイントだと思います。
もちろん外見も。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です